コラム 151 モラルハラスメントからの早期脱出 2017/6/23

この記事を読むのに必要な時間は約1分13秒です。
 

結婚後1~2年の離婚相談を受けることが増えています。
離婚原因は,多少のバラエティはありますが相手からのモラルハラスメントを理由にあげる方が多いです。

 

「色々な理由で怒られます」
「気に入らないことがあるとキレます」
「頼み事をしたら『あんた何様?』と言われたので言えなくなりました」
「言うことを聞いていたら機嫌がいいので相手を怒らせてしまう自分が悪いと思っていたんです。相手からも『怒らせるオマエが悪い』   言われてました」

 

婚姻生活がつらくなり友人や親族などに相談し「それはモラハラじゃないか」と指摘を受け,自分が悪いのではない,自分1人がガマンしなくてよいと気付きます。
モラルハラスメントという概念が浸透し,この点に気付くのが早くなっているように感じます。

                                                     弁護士 辻 祥子

 

バックナンバーはこちら>>

 

The following two tabs change content below.
姉小路法律事務所

姉小路法律事務所

姉小路法律事務所は,離婚,慰謝料,相続・遺言などの家族関係・親族関係の紛争(家事事件)に力を入れている京都の法律事務所です。なかでも離婚・慰謝料事件は,年間300件以上の相談をお受けしており,弁護士代理人として常時数十件の案件を取り扱っております。弁護士に相談するのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。男性弁護士・女性弁護士の指名もお伺いできますのでお申し付けください。
姉小路法律事務所

最新記事 by 姉小路法律事務所 (全て見る)