コラム 155 「養育費まとめて払って下さい」-養育費の一括請求は可能でしょうか?- 2017/7/11

 

相談を受けていると,養育費の一括払いを希望される方が結構いらっしゃいます。
養育費の支払いが継続されるか不安がある,離婚後はできるだけ接触を少なくしたいという理由からです。

 

裁判や審判などで裁判所が養育費を決める場合は,一括ではなく毎月の支払として決められるのが原則です。
養育費というのは,決める時点での双方の状況(収入など)にもとづいて金額を決めますが,子どもが成人するまで変更不可能なものではありません。収入や再婚など状況の変化によって,金額を増減させることが可能なものです。また支払義務者が死亡したような場合には,支払義務はなくなってしまいます。養育費とはこのようなものなので,現在の状況のみをもとに,将来の分も計算をして一括払いというのは性質上なじまないところがあります。

 

裁判や審判などではなく,当事者が話し合いで「一括払い」に合意をすれば,養育費を一括払いとすることも可能です。
私自身も何例か一括払いの養育費の合意をしたことがあります。

 

ただ,この一括払いの合意が成立するは非常にまれです。
最大の理由は一括払いは資金面で不可能だから。
子どもが成人するまでの養育費総額はそれなりの金額になります。それを一括で支払うだけの資力がまずありません。
また,義務者が,今後自病気をするかもしれない,再婚をして子が生まれるかもしれない,相手(権利者)が再婚するかもしれないなど,将来,何が起こるか分からないのに一括で支払うのは気が進まないと義務者側の事情も理由の一つです。

 

養育費の一括払は,子が成人間近であるとか,計算上の総額から何割か減額して合意をするといった事情がないと,なかなか合意にいたるのは難しいところです。

                                            

                                                   弁護士 辻 祥子

 

バックナンバーはこちら>>

 

The following two tabs change content below.
姉小路法律事務所

姉小路法律事務所

姉小路法律事務所は,離婚,慰謝料,相続・遺言などの家族関係・親族関係の紛争(家事事件)に力を入れている京都の法律事務所です。なかでも離婚・慰謝料事件は,年間300件以上の相談をお受けしており,弁護士代理人として常時数十件の案件を取り扱っております。弁護士に相談するのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。男性弁護士・女性弁護士の指名もお伺いできますのでお申し付けください。
姉小路法律事務所

最新記事 by 姉小路法律事務所 (全て見る)