コラム 127 離婚後に必要な手続について-その2・子の戸籍や姓- 2017/3/24

 
コラム127(圧縮)

 

コラム125では,離婚後の手続として離婚届の提出について説明しました。
今回は,離婚後の子どもの戸籍について説明します。

A(夫)とB(妻)が未成年の子(C)の親権者をBと定めて離婚したとします。
離婚届の提出によりBがAの戸籍から抜け,Bは自分を筆頭者とする新しい戸籍を作りました。さて,Bを親権者とする未成年の子Cは,離婚届の提出により自動的にAの戸籍から抜けてBの戸籍に入るでしょうか?

答えはNoです。

離婚届を提出により,BはAの戸籍から抜けますが,CはAの戸籍に残ったままで,Cの備考欄に親権者がBであることが記載されるだけです。

Cを親権者であるBの戸籍に入れるためには,家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をする必要があります。
家庭裁判所の許可が出たら,その許可証をもって役所に行くとCをAの戸籍からBの戸籍に移すことが出来ます。
「子の氏の変更許可申立」は,Cが15歳未満の場合は,親権者であるBが申立をします。Cが15歳以上の場合は,C本人が申立をします。

離婚後のCの姓はどうなるのでしょうか?
子の姓は,自分が入っている戸籍の筆頭者の姓と同じになります。
離婚後もCがAの戸籍に残っている場合は,Aと同じ姓です。つまり離婚前と代わりありません。
離婚後、CがBの戸籍に移った場合は,Bと同じ姓です。Bが離婚後も婚姻時の姓を選択していればCも婚姻時の姓となりますし,Bが離婚後,婚姻前の姓(いわゆる「旧姓」)にしていればCもBの婚姻前の姓になります。

弁護士 辻 祥子

バックナンバーはこちら>>

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂