コラム 141 離婚のその後-離婚は新しい人生のスタートでもあります- 2017/5/19

この記事を読むのに必要な時間は約1分8秒です。
 

郵便物の中にきれいな封筒ありました。
開封してみると昔の依頼者から「再婚し子どもがうまれました」というお知らせでした。

 

私が代理人をお受けした当時はまだ年若い青年でした。
彼としては不本意な離婚でした。
離婚が成立して最後にお会いしたときも複雑な表情をしておられたので,その後も「どうしてるかな」と時おり思い出して気になっていました。

 

いただいた手紙には,再婚までの簡単な経緯と「あのとき(前回の離婚)背中を押していただきありがとうございました。おかげで今幸せな家庭を築くことができました」と書かれてありました。

 

この一文を読んで肩の荷がおりた気がしました。

離婚は「終わり」ではあるけれど「始まり」でもあります。
その方にとって良い「始まり」になって欲しいなと願っています。

弁護士 辻 祥子

 

バックナンバーはこちら>>



The following two tabs change content below.
姉小路法律事務所

姉小路法律事務所

姉小路法律事務所は,離婚,慰謝料,相続・遺言などの家族関係・親族関係の紛争(家事事件)に力を入れている京都の法律事務所です。なかでも離婚・慰謝料事件は,年間300件以上の相談をお受けしており,弁護士代理人として常時数十件の案件を取り扱っております。弁護士に相談するのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。男性弁護士・女性弁護士の指名もお伺いできますのでお申し付けください。
姉小路法律事務所

最新記事 by 姉小路法律事務所 (全て見る)