離婚を拒否していたモラハラ夫と早期に離婚が成立した事例【離婚解決事例43】

婚姻1年未満の夫婦,妻が依頼者。
 
夫のモラハラがひどく婚姻後数ヶ月で妻が実家に帰って別居
妻から夫に離婚を求めるが,夫は「離婚する理由がない」と離婚を拒否
話し合いができず弁護士を依頼し離婚調停を申し立てた。
第1回調停期日においても夫は同様に「離婚する理由がない」と離婚を拒否。
妻側は今後訴訟になることも見越し,第2回調停期日に調停で離婚ができない場合はすぐに訴訟を提起する予定であること,訴訟になった場合に予定している主張内容を夫に伝えました。夫は,訴訟を避けるべきと判断し態度を一変させて離婚に応じた

 

コメント

モラハラはやっている本人はその発言や行動によって相手が精神的苦痛を被っていることに気付いていない,あるいは気付いていたとしても自分のやっていることは「正しい」と思っており,離婚を求められても「離婚する理由がない」「離婚する必要がない」「なぜ離婚したいのか分からない」という反応を示すことがあります。
このケースも夫は「離婚する理由がない」というばかりで離婚に応じる姿勢は皆無でした。
しかし依頼者の話や調停前に夫と直接やりとりをしたときの様子などから,夫が体面を非常に気にする傾向にあること,自分にとってのメリットデメリットを冷静に判断するタイプであることを感じ取っていました。
調停において,夫のタイプに合わせて対策を講じたことにより,早期に解決することができた事例です。

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂