夫婦が同居をしたまま離婚調停が成立した事例【離婚解決事例52】

10年近くほとんど会話をしていない夫婦で,食事も別,家計も別という状態が続いていた。妻が夫に離婚を申し出るも夫は拒否。
妻が弁護士を代理人につけて離婚調停を申し立てた。
夫は,調停でも当初は離婚を拒否していたが,説得により次第に態度を軟化させた。
最終的には,財産分与として妻にある程度の金額を渡すことを認める内容で調停離婚が成立した。

コメント

夫婦としての実態がない状態が10年近く続いているご夫婦でした。
妻は,調停を申し立てたらすぐにでも別居するつもりでしたが,事情により同居のままの状態が続きました。もともと家庭内でもほぼ接触がない状態でしたので,同居しながらの調停であっても,家庭内の雰囲気はさほど変化はなく,トラブルもなくすごせたようです。
紆余曲折はありましたが,最終的には,夫は,離婚や財産分与を受け入れました。また,夫は,離婚成立後も妻が自宅を退去するまでに一定期間の猶予も認めました。
同居をしながらの調停でしたが,ある程度円満な形で解決できた事例です。

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂