夫婦が同居をしたまま離婚調停が成立した事例【離婚解決事例52】

この記事を読むのに必要な時間は約1分8秒です。
10年近くほとんど会話をしていない夫婦で,食事も別,家計も別という状態が続いていた。妻が夫に離婚を申し出るも夫は拒否。
妻が弁護士を代理人につけて離婚調停を申し立てた。
夫は,調停でも当初は離婚を拒否していたが,説得により次第に態度を軟化させた。
最終的には,財産分与として妻にある程度の金額を渡すことを認める内容で調停離婚が成立した。

コメント

夫婦としての実態がない状態が10年近く続いているご夫婦でした。
妻は,調停を申し立てたらすぐにでも別居するつもりでしたが,事情により同居のままの状態が続きました。もともと家庭内でもほぼ接触がない状態でしたので,同居しながらの調停であっても,家庭内の雰囲気はさほど変化はなく,トラブルもなくすごせたようです。
紆余曲折はありましたが,最終的には,夫は,離婚や財産分与を受け入れました。また,夫は,離婚成立後も妻が自宅を退去するまでに一定期間の猶予も認めました。
同居をしながらの調停でしたが,ある程度円満な形で解決できた事例です。

The following two tabs change content below.
姉小路法律事務所

姉小路法律事務所

姉小路法律事務所は,離婚,慰謝料,相続・遺言などの家族関係・親族関係の紛争(家事事件)に力を入れている京都の法律事務所です。なかでも離婚・慰謝料事件は,年間300件以上の相談をお受けしており,弁護士代理人として常時数十件の案件を取り扱っております。弁護士に相談するのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。男性弁護士・女性弁護士の指名もお伺いできますのでお申し付けください。
姉小路法律事務所

最新記事 by 姉小路法律事務所 (全て見る)