家庭内別居状態の夫から多額の財産分与を受け離婚が成立した事例【離婚解決事例56】

 

40代~50代の夫婦 5年以上ほぼ会話なし

 

子どもが家から離れたタイミングで夫婦間で離婚協議を始めるが,夫が提示する財産分与の金額に納得ができず弁護士に依頼

 

財産分与の内容が複雑(在職中の退職金,売却未定の不動産など)で,かつ支払方法にも工夫が必要であったケース

 

当事者同士で協議をしていた段階では,財産分与の適正な金額や支払方法のバリエーションが分からず,夫の主張に疑問を感じつつも反論ができなかった。
弁護士の介入により,財産分与の対象となる財産をもれなく計上し,価値の評価も適正に行うことができた。その結果,当初の夫の主張よりも財産分与の金額を大幅に増額させることができた。

コメント

 

このケースでは夫が財産分与についてインターネットで調べ,最初は,その夫の提案をたたき台にして財産分与を協議していました。ご本人もインターネットで知識を得て夫との協議に対応していましたが,夫の言い分が正しいのかどうか疑問がわいてきたため相談に来られました。

 

夫の言い分は,インターネット上の情報を自分に都合よく曲解している部分があったり,このご夫婦には当てはまらない事例を参考にしていたりしており,夫の提案に従っていればかなり不平等な財産分与になってしまっていました。

 

 

Êk͎oH@ 075-253-0555

lbgł̑k\͂