婚姻費用について私立学校の学費が特別費用として加算された結果、有利な条件で離婚ができた事例【離婚解決事例59】

この記事を読むのに必要な時間は約4分19秒です。

 

50代の夫婦。妻が相談者・依頼者。

 

夫の女性関係が疑われるなかで夫が自宅を出て離婚を求めて別居し、調停を申し立ててきた。
調停では夫は代理人の弁護士を付けたが、相談者はひとりで臨み、婚姻費用の調停を申し立てた。

 

婚姻費用はいわゆる算定表によれば月額16~18万円の枠になるが、長女は私立大学に進学していてその学費も必要となることから、相談者は月額20万円とすることを求めた。
夫が月額20万円の支払を拒んだことから、月額18万円とする調停に代わる審判が出た。

 

他方、離婚については相談者が離婚自体に納得できないうえに示された離婚条件も通常の財産分与の水準にとどまるものであったことから、結局不成立となり、夫が離婚訴訟を提起すると宣言していた。
この時点で当事務所に相談され、受任することになった。

 

婚姻費用については私立大学の学費を特別費用として加算すべきであることから、調停に代わる審判に異議を申し立てて、通常の審判手続へと移行させ、特別費用の加算を具体的に主張し、審問も開かれた。
その結果、担当裁判官が月額約26万円が相当であると考え、夫を説得した結果、この金額の婚姻費用とすることで解決をみた(手続としては、調停に付したうえで調停成立となった)。

 

離婚訴訟については、婚姻関係は未だ破綻していない、仮に破綻しているとしても、夫の不貞行為ないしそれに準じる行為がその原因であるため離婚請求が信義則に反するとの主張・立証を展開した。

 

その後、夫から、調停段階よりも依頼者にとって格段に有利な離婚条件(実質的には数百万円の上乗せとなる)を提示したことから、訴訟上の和解によって離婚することになった。

コメント

婚姻費用が鍵を握ることになった事件でした。

 

養育費や婚姻費用の金額は「算定表」という簡易な算定方法によって算出されるのが原則ですが、事案によってはこれに修正を加えることになります。
このケースでは、調停での対立がわずかであったことから、裁判官が「調停に代わる審判」というものを出して、算定表から導かれる金額による中間的な解決を提示しました。
調停に代わる審判は、2週間以内にどちらかが異議を申し立てれば、失効して調停が不成立となって正式な審判手続に進みます。
本件では、私立学校の学費を加算すべきであることから、異議を出して、正式な審判を仰ぐことにしました。

ここでも、夫は私立学校の進学を容認していない、長女がアルバイト収入を得ているなどの主張をして抵抗してきましたが、裁判官がこちらの主張を容認する意向を示したことから、夫は観念して、調停に代わる審判よりも月額8万円ほど高額の婚姻費用の支払を受けることで解決をみました。

 

離婚訴訟では、上記のように、夫が有責配偶者であるとの主張を展開しましたが、これを証明する証拠は万全のものではなく、判決になると有責性が否定されるリスクがありました。
そのため、依頼者としては、調停段階よりも有利な離婚条件が引き出せるのであれば、離婚する方向で考えることになりました。

 

ここで婚姻費用が活きてきました。

 

夫の収入からすると月額26万円の婚姻費用はかなりの負担で、訴訟が続くことでこれがボディーブローのように効いてきました。
夫としては、もしも離婚が認められないようなことになると婚姻費用の負担が長年月にわたることから、判決で敗訴するリスクを冒すことはできないため、和解による解決に向けて条件を引き上げていく必要がありました。
期日間にも代理人間で交渉を重ね、依頼者としても納得することができる条件となったことから、和解離婚の成立に至りました。

 

>>婚姻費用について

 

離婚問題解決事例

姉小路法律事務所 当事務所の離婚問題の解決事例です。    
 

協議離婚

代理人として介入した結果,速やかな協議離婚が成立した事例

代理人弁護士として相手方と協議に臨み,約1か月で協議離婚を成立させた事例
 

婚姻費用,養育費

夫の不貞行為の動かぬ証拠をつかんで,算定表を遥かに上回る婚姻費用を獲得した事例

高額の婚姻費用の支払の継続を回避するために速やかに調停離婚を成立させた事例

養育費の減額を求める調停を申し立てた結果,有意な減額が認められた事例

婚姻費用において住宅ローンの負担や既払分が抗告審において正しく評価された事例
 

財産分与

離婚にあたって,財産分与として自宅不動産を取得し,住宅ローンの借り換えができた事例

相手方がローンを返済する自宅不動産に無償で居住し,子どもの学費負担も約束させた事例

2回目の調停が成立して,好条件の財産分与で離婚が成立した事例

夫からの隠し財産の主張を退け,反対に財産分与及び慰謝料を勝ち得た事例

財産分与において学資保険が問題となった事例
 

慰謝料,有責配偶者

調停で相手方の不貞行為の事実を有効に突きつけて,過分な財産を譲り受けた事例

夫の不貞行為により別居となったが,不貞相手から慰謝料を受け,夫から婚姻費用を得た事例

夫の不貞行為により別居となり,夫から慰謝料の支払いを受け,離婚が成立した事例

モラルハラスメント被害を主張して,判決で離婚慰謝料の支払が命じられた事例

有責配偶者からの離婚請求で調停離婚が成立した事例

不貞行為の慰謝料請求に対して相場よりも低額での和解が成立した事例

慰謝料請求訴訟を提起したことにより,交渉時より和解金が大幅に増額した事例  
 

離婚訴訟,離婚事由の有無

別居した妻から離婚訴訟を提起されたが,婚姻が未だ破綻していないとして勝訴した事例

夫の離婚請求を斥ける勝訴判決を得た後に控訴審で有利な条件で和解離婚した事例
 

DV(ドメスティック・バイオレンス)

DV(ドメスティック・バイオレンス)を離婚事由として,離婚が成立した事例

子供に対するDVを理由に離婚が成立した事例
 

子の引渡し,監護権,面会交流

妻が子どもとともに家を出て別居となったが,審判で子の引渡しと監護権を得た事例

幼い子どもの親権を父親が取得することができた事例

面会交流が中断していたが,月2回(うち1回は宿泊を伴う)の面会交流が認められた事例

家庭裁判所調査官の意見を覆して父に幼児の監護権を認める審判を得た事例
 

その他(離婚無効,親権者変更など)

無断で離婚届が提出し離婚が成立したため,離婚無効の確認訴訟を提起し,勝訴した事例

親権者変更の調停を申し立てて,父が幼い長女と二女の親権者変更を受ける調停が成立した事例
 
 
The following two tabs change content below.
姉小路法律事務所

姉小路法律事務所

姉小路法律事務所は,離婚,慰謝料,相続・遺言などの家族関係・親族関係の紛争(家事事件)に力を入れている京都の法律事務所です。なかでも離婚・慰謝料事件は,年間300件以上の相談をお受けしており,弁護士代理人として常時数十件の案件を取り扱っております。弁護士に相談するのはハードルが高いとお考えの方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。男性弁護士・女性弁護士の指名もお伺いできますのでお申し付けください。 |弁護士紹介はこちら
姉小路法律事務所

最新記事 by 姉小路法律事務所 (全て見る)