離婚を求められた

ピックアップトピック

婚姻費用について私立学校の学費が特別費用として加算された結果、有利な条件で離婚ができた事例【離婚解決事例59】

  50代の夫婦。妻が相談者・依頼者。   夫の女性関係が疑われるなかで夫が自宅を出て離婚を求めて別居し、調停を申し立ててきた。 調停では夫は代理人の弁護士を付けたが、相談者はひとりで臨み、婚姻費用の…続きはこちら≫

ピックアップトピック

離婚を求める有責配偶者から極めて有利な経済条件を引き出した事例【離婚解決事例55】

  既に子どもらが成人している熟年夫婦間の離婚事件で,依頼者は妻側。   別居後2年ほどして夫の代理人弁護士から離婚請求を受けたことから,協議段階から受任することに。 別居の原因は夫の不貞にあり,別居…続きはこちら≫

解決事例

離婚訴訟を提起されたが,離婚後の生活準備を整えた上で和解を成立させた事例【離婚解決事例51】

別居中の配偶者から離婚訴訟を提起された。 この配偶者は数年前にも離婚訴訟を提起し,その時はまだ同居中であったこともあり請求は棄却された。 数年前の裁判の後,何度か夫婦関係調整調停があったがいずれも不成立で終了していた。そ…続きはこちら≫

解決事例

家を出た妻と円満調停が成立し夫婦関係が修復できた事例【離婚解決事例50】

夫が依頼者 妻が夫と乳幼児を置いて家を出た。 その後,妻が夫に対し子の監護者指定,子の引渡の仮処分と審判,離婚調停を申し立ててきた。 夫は当初は自分で対応をしていたが,審問や調停において自分の主張を裁判所に適切に伝えるこ…続きはこちら≫

解決事例

離婚訴訟で,調停段階よりも1100万円ほど受取額が増えて和解が成立した事例【離婚解決事例46】

50代の元夫婦で,妻が依頼者。夫から申し立てられた離婚調停の途中から代理人として関与。 別居した夫から離婚を求められた妻は,離婚自体に納得ができない思いを持っていた。 妻は,夫の不貞行為を確信していたが,夫が不貞の事実を…続きはこちら≫

解決事例

婚姻後1年未満でのスピード離婚した事例【離婚解決事例44】

再婚同士,依頼者は妻。 妻は数年前に離婚をしてパート勤務をしていた。夫は離婚をしたばかりで再婚相手を探していたという状況で,知り合ってすぐに再婚。 一緒に生活を始めてすぐに不調和となり,夫から暴言を受けるようになった。 …続きはこちら≫

解決事例

面会交流につき支援団体の支援を受けることを内容とした調停が成立した事例【離婚解決事例41】

20代の夫婦 夫が依頼者 妻が子どもを連れて別居,離婚を求めてきた。 夫は離婚を了解し離婚条件の協議に入ると同時に子どもとの面会を求めたが,妻が面会交流を拒否。そのため協議が進まなくなり調停となった。 調停においても妻は…続きはこちら≫

解決事例

不貞を理由に離婚訴訟を提起されたが慰謝料を支払うことなく和解した事例【離婚解決事例40】

夫が依頼者,子どもはいずれも成人している。   妻が夫の不貞行為を疑い夫婦仲が険悪になり別居。 妻が離婚調停を申し立てた。夫は離婚には応じるが不貞行為を否認し慰謝料の支払いを拒否,調停は不成立となった。 妻が離…続きはこちら≫

解決事例

協議離婚で夫から300万円の支払を受けた事例【離婚解決事例34】

  30代の夫婦。妻が依頼者。   夫の家族と同居するも,心身に不調を来たし,別居することとなった。 診療内科に通うも症状は回復せず,別居状態が続くこととなった。 そのようななか,夫から離婚を示唆され…続きはこちら≫

解決事例

妻から離婚訴訟を提起されたが,婚姻関係が未だ破綻していないとして勝訴した事例【離婚解決事例30】

【キーワード】離婚事由 別居の継続   30代の夫婦。依頼者は夫側。   結婚して子どもにも恵まれたが,依頼者の家業の業績が悪化するのに呼応するかのように妻が依頼者に不満を募らせるようになり,やがて小…続きはこちら≫

解決事例

財産分与において学資保険が問題となった事例【離婚解決事例28】

【キーワード】財産分与 学資保険   40代の夫婦。妻側が依頼者   夫が離婚調停を申し立てるも,離婚条件で折り合いがつかず,別居が長期化したなかで,夫が離婚訴訟を提起してきた時点で妻から相談を受けて…続きはこちら≫

解決事例

夫の離婚請求を斥ける勝訴判決を得た後に控訴審で有利な条件で和解離婚した事例【離婚解決事例12】

【キーワード】離婚訴訟,養育費   30代の夫婦。依頼者は妻側。 離婚を求める夫が妻子を置いて別居が開始した。夫は離婚調停を申し立てたが、離婚に納得できない妻が離婚を拒否したため、調停は不成立となり、夫が離婚訴…続きはこちら≫

解決事例

幼い子どもの親権を父親が取得することができた事例【離婚解決事例08】

解決までの経過   婚姻後まもない夫婦で、夫が依頼者。 子どもの誕生前後から夫婦は別居し、事情により、子どもは依頼者が育てることになった。その後、妻が離婚と親権を求めて調停を申し立てるも不成立となったため、離婚…続きはこちら≫

解決事例

無断で離婚届が提出し離婚が成立したため、離婚無効の確認訴訟を提起し、勝訴した事例【離婚解決事例07】

解決までの経過   婚姻から10年以上経過。夫が依頼者。   妻が勝手に家を出て行き、依頼者が調べてみると妻が勝手に離婚届を提出していた。 これまで2人の間に離婚の話は出たことは一度もなく、当然、依頼…続きはこちら≫

解決事例

相手方がローンを返済する自宅不動産に無償で居住し,子どもの学費負担も約束させた事例【離婚解決事例06】

解決までの経過   夫、妻ともに30代。依頼者は妻側。   別居した夫から離婚調停を申し立てられた。夫は否定するも、依頼者は夫の不貞行為を確信し、これに関する証拠もあったが、決定的な証拠はなかった。 …続きはこちら≫

解決事例

離婚にあたって,財産分与として自宅不動産を取得し,住宅ローンの借り換えができた事例【離婚解決事例05】

解決までの経過   夫、妻ともに40代。依頼者は妻側。 夫が家を出て別居が始まり、夫が離婚調停を申し立てるも条件が整わず、夫から離婚訴訟を提起された。   夫の所有名義で夫がローンを返済している自宅不…続きはこちら≫

解決事例

別居した妻から離婚訴訟を提起されたが,婚姻が未だ破綻していないとして勝訴した事例【離婚解決事例04】

解決までの経過   夫は50代、妻は40代。依頼者は夫側。 結婚から2年後に別居し、その半年後に妻から離婚調停が申し立てられた。   依頼者が離婚に応じなかったため、離婚調停が2回目で不成立となったこ…続きはこちら≫

解決事例

夫の不貞行為の動かぬ証拠をつかんで,算定表を遥かに上回る婚姻費用を獲得した事例【離婚解決事例03】

解決までの経過   夫,妻ともに40代。依頼者は妻側。   夫から離婚を求められ,離婚調停を申し立てられたが,夫の不貞行為を裏付ける証拠をつかんだことから,不貞行為の相手方を訴えるとともに,調停では離…続きはこちら≫

解決事例

調停で相手方の不貞行為の事実を有効に突きつけて,過分な財産を譲り受けた事例【離婚解決事例01】

解決までの経過   夫,妻ともに50代。依頼者は妻側。 夫が家を出て別居が始まり,1年ほど経過して夫が離婚調停を申し立てた。  夫が説明する離婚したい理由に依頼者は納得がいかず,それは,調停が始まった…続きはこちら≫